捨てる神あれば拾う神あり

会社を辞めようと思っていた。

今いる会社は転職して入った会社だ(現在2社目)。

うちの会社は典型的な営業会社だ。
営業が花形であり、給料もいい。

数字に貪欲で、若く優秀な人が多い。
優秀な人は、3年を目処にどんどん辞めていく。
ちなみに会社を辞めることを「退職」と言わずに、「卒業」と言う。

また、月末の締め会や部会などでは、成績優秀者に「来月は、〇〇するぞ!おー!」とかけ声するあたり学生のノリである。

ここまで読んで、「ブラック会社か?」と訝しがる読者の方もいるかもしれないが、そういうことはない。就業環境については、よい方だと思う。

ただ、仕事をヤマのように振られる。
数字に直接関わらない仕事を手早くさばき、数字につながる仕事にいかに集中するかが数字を上げるミソだと思う。基本、電話での営業のため、外に出ることは皆無である。

自分としては、顧客と顔をつきあわせ、泥臭く、地道に関係をつくっていくタイプの営業(というか、人間)なので、この会社の営業スタイルは本当に辛い。顔の見えない電話の向こうの人間に感情移入することがどうしてもできない。

そんな営業スタイルやノリ、仕事内容についていけない、と感じることが前々からあり、我慢の限界を感じていた。

一方で、人間関係には恵まれたと思う。会社は嫌いだが、ここで働く人たちは大好きだ。営業としてはポンコツの僕だが、多くの先輩、同僚に目をかけてもらっている。

なので、「辞めよう」と思ってはいたが、ここで働く人たちと離れるのは惜しい気がしていた。

そんな折も折、上司から異動の内示を受けた。総務法務広報を司る部署だ。「こいつ、営業では使えないな」と思われた感はあるが、異動先がそこで働く大好きな人たちを支える仕事なのであれば、もうちょっと頑張ってみようかな、と思った今日この頃なのである。